脂漏性皮膚炎の痒みなし、薄毛が少し残る

脂漏性皮膚炎がかなり落ち着いてから半年程度は経過したと思います。これは再発がほぼないと実感できてからの期間です。脂漏性皮膚炎の独特の痒みとフケが出なくなって半年経過すると頭皮や抜け毛はどうなるか、ということを記録しておきます。

頭皮の痒みはゼロ

自分でも痒みがない自然な状態に慣れてきてびっくりしています。脂漏性皮膚炎の頃の痒みはかなりひどくて何もしていなくても常に頭頂部などが痒かったんですけどね。

今では1日風呂に入らなくても痒みはまったくありません。当然頭皮の乾燥を感じた時はかゆいですが、脂漏性皮膚炎の痒みとは違うのですぐ分かります。

薄毛はずいぶん改善された

私が脂漏性皮膚炎になって薄毛を感じたのは頭頂部とM字ハゲです。頭皮全体の髪の毛が減っているので余計目立つ感じです。

しかし脂漏性皮膚炎の治療を始めてもう1年くらいになりますが、ようやくM字ハゲ部分の髪の毛が生えてきたかなと感じています。特に左側は生え際はもともと広かったですがM字ハゲの内側の髪の毛がある程度生えそろってきました。

しかし右側のM字ハゲはまず薄いです。髪の毛をかき上げると髪の毛が生えていない部分が目立ちます。

左右のM字ハゲ部分もそうですが、髪の毛の本数がそもそも違いますし、薄い右側はとくに密度が低いです。これが左側と同じくらい生えてくれると嬉しいのですが・・・。

頭頂部に関しては怖いのでもう見ていません。

脂漏性皮膚炎が完治すると髪の毛は生えてくる可能性が高い

実際に自分で脂漏性皮膚炎が完治に近い状態になってみてわかるのが、髪の毛が生えてきたのではないか、ということです。今はけっこう生えそろってきていて、自分では薄毛が改善され始めたと感じています。

他人から見たらまだ前髪が少ないとか頭頂部実は禿げてるよ、と思われているかもしれませんが、確実に抜け毛は脂漏性皮膚炎の頃よりも減っています。

異常な抜け毛も減ったかもしれない

昔脂漏性皮膚炎がひどかった当時は、トイレの鏡の前で頭を振ると、フケとともに髪の毛がパラパラと10本くらい落ちてきました。今は2本か3本程度です。

シャンプーのときは当然60本以上抜けていると思いますが、普段の抜け毛が減っていると実感しているので、シャンプーの抜け毛も減ったのかもしれません。当時のシャンプーのときの抜け毛の量はあまり覚えていないんですよね。

ではこれからどうするか、というと、やはり脂漏性皮膚炎を再発させないこと、そして抜け毛を減らして育毛し、抜けて薄毛になっている部分の髪の毛の量を元に近い状態まで戻すことです。

これにはあと1年くらいは掛かりそうです。

脂漏性皮膚炎のフケ、真菌対策シャンプー

日本の脂漏性皮膚炎用シャンプー

脂漏性皮膚炎用シャンプー
日本初!フケ・かゆみを防ぐ抗カビ成分配合のシャンプー&リンス
コラージュフルフルネクスト
 
日本初の殺菌作用のあるシャンプーとして有名で、脂漏性皮膚炎対策用のシャンプーとしては有名。もし痒み、皮脂、抜け毛が気になる場合はコラージュフルフルネクストを使ってみてください。

購入する

アメリカの脂漏性皮膚炎用シャンプー


Dr.ZERO ケトコロストシャンプー

日本のシャンプーでは配合できないケトコナゾールを2%配合したアメリカの脂漏性皮膚炎用シャンプーです。AGAの抜け毛薄毛にも効果があると日本でも評判です。ケトコナゾールは皮膚科で処方される脂漏性皮膚炎用のローションに含まれる成分です。

購入する