脂漏性皮膚炎の食事対策

脂漏性皮膚炎は体質も影響する

以前皮膚科に行った時、また脂漏性皮膚炎がぶり返してきた、ずっと薬を飲んでケトコナゾールクリームを塗り続けたほうがいいのか、と聞いた所、体質だからずっとやってる人はやっていると言われました。

そして食生活も重要な要因であるともいっていたのです。そこで私は脂っこいものを食べているか、ラーメンが好きか、お菓子を食べているか、毎日飲酒しているか、ということを聞かれましたが、ほとんど当てはまりませんでした。

しかし最近きづいたのは、毎日炭酸ジュースを1リットルくらい飲んでいることでした。糖分はそのまま糖質として吸収されるし、ニキビの原因にもなるほど皮脂に関係しているようです。これをまずやめないと脂漏性皮膚炎も改善されないだろうと思ったのです。

現在は毎日飲みまくっていた炭酸ジュースをミネラルウォーターに変えて様子を見ています。この経過に関しては半年程度の期間続けてみて成果を報告したいと思います。

糖質はエネルギー源として使ってしまう

とは言えどうしても飲みたくなってしまう時や食事で油の強いものを食べるときもあると思います。そんなときは積極的に運動を取り入れて余分な糖質をエネルギーとして使うようにしています。摂取した分全てをエネルギー源として使うことはむりだったとしても、何もせずにじっとしていたらそれは体に吸収されて残ってしまいます。

運動は健康にも良いですし、せっかく摂取した糖質なんだから脂漏性皮膚炎の栄養素にせず運動に利用したほうがずっと良いです。運動によって皮脂が減ることはないと思いますが、無駄な皮脂の養分を減らすことは重要だと思います。

脂漏性皮膚炎対策の食事方法

脂漏性皮膚炎は皮脂分泌量が関係しているため、皮脂分泌量を増やさない食事が重要です。

基本的に野菜をいろいろな形で食べます。サラダや温野菜などが良いです。できるだけ油を使わずに、また食物繊維を多く食べて、余分な油も便で出していくのがよいでしょう。

基本的に肉類は脂身のないものがベストです。日本人は霜降りだったり牛丼の肉のような脂身を好みますが、これは脂漏性皮膚炎になるための栄養みたいなものです。できるだけ赤身肉かささみなどがベスト。鳥の胸肉の場合は皮をすべて取り除いて食べましょう。

脂漏性皮膚炎で禁止の食べ物はお菓子類、果物もあまりにも多く食べ過ぎると果糖のとりすぎになってしまいます。できるだけヘルシーな和食を心がけるとよいでしょう。

脂漏性皮膚炎のフケ、真菌対策シャンプー

日本の脂漏性皮膚炎用シャンプー

脂漏性皮膚炎用シャンプー
日本初!フケ・かゆみを防ぐ抗カビ成分配合のシャンプー&リンス
コラージュフルフルネクスト
 
日本初の殺菌作用のあるシャンプーとして有名で、脂漏性皮膚炎対策用のシャンプーとしては有名。もし痒み、皮脂、抜け毛が気になる場合はコラージュフルフルネクストを使ってみてください。

購入する

アメリカの脂漏性皮膚炎用シャンプー


Dr.ZERO ケトコロストシャンプー

日本のシャンプーでは配合できないケトコナゾールを2%配合したアメリカの脂漏性皮膚炎用シャンプーです。AGAの抜け毛薄毛にも効果があると日本でも評判です。ケトコナゾールは皮膚科で処方される脂漏性皮膚炎用のローションに含まれる成分です。

購入する