脂漏性皮膚炎の治し方

脂漏性皮膚炎は自然治癒しない病気です。必ず皮膚科に行って飲み薬、塗り薬をもらって治していきます。そして基本的な洗髪、体調維持で自分の内側からも治していきます。

頭皮を清潔にする

毎日夜シャンプーする

基本的に夜シャンプーします。夜は昼間活動した皮脂がたっぷり残っています。これを残したまま眠ることで皮脂の酸化が始まって脂漏性皮膚炎の原因になってしまいます。特に治療中は夜しっかり頭皮をキレイにすることは重要で、さらにキレイにしてから塗り薬を塗るため毎晩シャンプーするのは必須となります。

真菌であるカビのマラセチアが原因の脂漏性皮膚炎を根本から改善する殺菌性シャンプーは脂漏性皮膚炎患者の定番になっているコラージュフルフルネクストケトコロストシャンプーはできれば再発のことも考えて常備しておくべきでしょう。

アミノ酸系シャンプーを使う

脂漏性皮膚炎を治療していく上で、市販の皮脂除去シャンプーやその他普通のシャンプーは避けたほうが良いでしょう。というのも500円程度で売っている市販のシャンプーにはラウリル硫酸ナトリウム、ラウレス硫酸ナトリウムなどの石油系合成界面活性剤が洗浄成分として配合されています。

これらは皮脂除去能力は高いですが取り過ぎてしまうため皮脂分泌がさらに高まるため脂漏性皮膚炎だけでなく全てにおいて良いとは言えません。

無添加シャンプーでは何を使うかというとアミノ酸系シャンプーです。特に脂漏性皮膚炎の場合は抜け毛がかなり増えているはずなので育毛シャンプーがお薦めです。使うことで毛が生えることはないですがアミノ酸で低刺激、必要な皮脂だけ残すことができるので頭皮に最適です。

皮膚科医師からも『これを使ってるなら大丈夫』と言われました。
⇒育毛促進成分と優しいアミノ酸育毛シャンプー、アロマシャンプーの詳細はこちら

真菌対策の塗り薬

これは皮膚科でしか処方されません。真菌であるマラセチアを減らすための塗り薬です。これを使うことで頭皮に増えすぎたマラセチアを減らしていきます。これによって皮脂を栄養分にして炎症を起こすマラセチアが減って頭皮環境が落ち着いていきます。

基本的に脂漏性皮膚炎の原因の多くはこのマラセチアなのでこれを減らすことができれば脂漏性皮膚炎は随分と軽減されます。逆に言えばこの真菌を減らすことが出来ないといつまでも脂漏性皮膚炎が続きます。

ちなみにマラセチアはカビ菌なので一般のシャンプーでは一切落ちません。

痒みと炎症を抑えるステロイド塗り薬

脂漏性皮膚炎は異常なまでのかゆみが伴います。また赤く炎症を起こしています。これをステロイドで沈めます。皮膚科の処方する薬全てを使うと一気にこれらが引いていきます。基本的に化粧水のようなサラサラした水分で、朝晩使います。

ステロイドは使うのが怖いという先入観がありますが、基本的に24時間以内に劇的な効果を発揮して、脂漏性皮膚炎の治療に大きな成果をもたらします。また、1週間2週間毎日使い続けても全く問題ありません。

ステロイドを使わずにひっかき続けることのほうが大問題です。

ビタミンB群の摂取

自分で飲んでいるビタミンBではなく医師が処方する薬のビタミンB群です。ビタミンCも配合されています。薬剤師からは『一応今飲んでいるビタミン剤はこの薬を飲んでいる間は飲まないようにしておきましょう』と言われるくらい配合量が多く、そして効き目も体感できます。

基本的には飲み始めてフケがほとんど出なくなります。これはビタミンによる皮脂分泌コントロールが効いているためです。基本的に脂漏性皮膚炎の治療ではステロイド、真菌対策、ビタミンBの飲み薬の3セットが鉄板です。これで症状は初日ら一気に改善していきます。

アレルギー疾患の薬の併用

人によりますが、アレルギー疾患を緩和する薬が処方されることもあります。私はこの薬とこの薬の効き目を高めるという胃薬も同時に処方されました。基本的には寝る前に飲むため眠くなる薬ではありますが生活に問題はありません。

食事で治療

基本的にビタミンB群を摂取する野菜などを多く食べて油を使う料理は減らしていきます。油はできればスプレータイプのものを使って最小限で調理したほうが良いでしょう。頭皮の皮脂分泌を出来る限り減らす、ということが重要です。

また糖分もできるだけ減らしたほうが良いでしょう。ジュース系は炭水化物が多く含まれています。例えば100mlあたり10g近く入っているのは多すぎます。糖分は体内で酸化していきますので皮脂に良いとは言えません。糖質、炭水化物で言えば、米、パン、芋類なども少なめにしていきます。

ホルモンバランスを最適化する生活習慣

睡眠時間、睡眠のタイミング

基本的に夜寝るようにして体内時計を正常化します。これだけでもホルモンバランスが正常になります。皮脂分泌もこれでコントロールされます。また寝る時間は22時~2時の間の成長ホルモン分泌が最大になる時間帯には眠っている、これがベストです。

適度な運動

運動をすることで自律神経も正常化します。また成長ホルモンが分泌され体も安定してきます。体の代謝も良くなるため皮脂代謝、皮膚代謝に貢献します。

脂漏性皮膚炎のフケ、真菌対策シャンプー

日本の脂漏性皮膚炎用シャンプー

脂漏性皮膚炎用シャンプー
日本初!フケ・かゆみを防ぐ抗カビ成分配合のシャンプー&リンス
コラージュフルフルネクスト
 
日本初の殺菌作用のあるシャンプーとして有名で、脂漏性皮膚炎対策用のシャンプーとしては有名。もし痒み、皮脂、抜け毛が気になる場合はコラージュフルフルネクストを使ってみてください。

購入する

アメリカの脂漏性皮膚炎用シャンプー


Dr.ZERO ケトコロストシャンプー

日本のシャンプーでは配合できないケトコナゾールを2%配合したアメリカの脂漏性皮膚炎用シャンプーです。AGAの抜け毛薄毛にも効果があると日本でも評判です。ケトコナゾールは皮膚科で処方される脂漏性皮膚炎用のローションに含まれる成分です。

購入する