スカルプシャンプーが脂漏性皮膚炎に影響すること

毎日シャンプーしてもフケが出る、皮脂がベタベタして頭皮がかゆい・・・という症状の方、多くは皮脂除去成分の効果が強いスカルプシャンプーを使っていると思います。

例えばトニックシャンプーやサクセスなどですね。これらは皮脂を根こそぎ取り除きますが、なくなった皮脂は補給されてさらに皮脂分泌力が高まる結果に。だから脂漏性皮膚炎の人はフケが出たり痒みが出たり、皮脂がベタベタするからといってスカルプシャンプーを使うのはお薦めではありません。

基本的にはコラージュフルフルシャンプー、アメリカのケトコロストシャンプーを使うのがベストです。

が、治療がある程度終わった後の脂漏性皮膚炎再発防止にはスカルプシャンプーも良いんじゃないかと思うようになりました。

スカルプシャンプーを週に何度か使い、皮脂を取り除く

私はたまにですがスカルプシャンプーを使うことがあります。

その理由は、頭皮に残る皮脂を落とすためです。やはりコラージュフルフルとアミノ酸系シャンプーでは落としきれない毛穴の汚れなどがあります。また頭皮をゴシゴシやらずに揉むように洗うだけだと皮脂が残ることがあります。

だからヘッドスパというサービスが成り立つんですよね。しかしヘッドスパなんてお金がないし頻繁には行けません・・・。だから定期的にスカルプシャンプーを取り入れるのです。

使う頻度は週に1回~2回程度。これくらい使って皮脂を取り除きます。

なぜ脂漏性皮膚炎にスカルプシャンプーを取り入れるのか

なぜスカルプシャンプーを脂漏性皮膚炎に取り入れるかというと、これは再発防止のためのケアだからです。

脂漏性皮膚炎は頭皮の皮脂を栄養源とするマラセチアが増殖することが原因です。これによって皮脂が増えたりフケが出たりして最終的に抜け毛が多くなります。マラセチアを増やさないことが脂漏性皮膚炎の予防になります。

マラセチアが増殖して脂漏性皮膚炎の症状が出ている場合はもう手遅れです。いかにスカルプシャンプーを使って皮脂を減らしてもマラセチアは減りません。

しかし脂漏性皮膚炎の治療を開始してコラージュフルフルで再発防止ができていたら、あとはマラセチアが増える原因でもある皮脂を増やさないこと、これも大切になるのです。

スカルプシャンプーなら何でも良い

毎日使うわけではないので、洗浄効果が異常に高いラウリル硫酸系やラウレス硫酸系の洗浄成分が入っているスカルプシャンプーならどれを使ってもOKです。安いのでも大丈夫だと思います。私はイオンのプライベートブランドのものを取り入れています。

ここは安くていいので、マラセチア対策のためのコラージュフルフルだけはしっかり切れないようにしたいところです。脂漏性皮膚炎にはコラージュフルフルの定期的なシャンプーが最も重要で、スカルプシャンプーは安いもので済ませます。

このように、普段毎日使うシャンプーにスカルプシャンプーはお薦めできませんが、ポイントで使うなら脂漏性皮膚炎予防に最適な使い方ができます。

脂漏性皮膚炎のフケ、真菌対策シャンプー

日本の脂漏性皮膚炎用シャンプー

脂漏性皮膚炎用シャンプー
日本初!フケ・かゆみを防ぐ抗カビ成分配合のシャンプー&リンス
コラージュフルフルネクスト
 
日本初の殺菌作用のあるシャンプーとして有名で、脂漏性皮膚炎対策用のシャンプーとしては有名。もし痒み、皮脂、抜け毛が気になる場合はコラージュフルフルネクストを使ってみてください。

購入する

アメリカの脂漏性皮膚炎用シャンプー


Dr.ZERO ケトコロストシャンプー

日本のシャンプーでは配合できないケトコナゾールを2%配合したアメリカの脂漏性皮膚炎用シャンプーです。AGAの抜け毛薄毛にも効果があると日本でも評判です。ケトコナゾールは皮膚科で処方される脂漏性皮膚炎用のローションに含まれる成分です。

購入する