脂漏性皮膚炎の症状

脂漏性皮膚炎の症状の中で、ここでは頭皮について詳しく書いていきます。基本的に皮脂が多く分泌される部分の頭皮、顔などに湿疹ができます。頭皮にはかゆみやフケ、抜け毛などの症状が出ます。

赤く炎症を起こし、痒みを伴う

頭がたまに痒かったり、軽い湿疹ができることは誰にでもあるし、少し放置していれば治るものがほとんどです。これは皮脂を落としたり体調を整えたりすることでほぼ対応できるためです。

しかし脂漏性皮膚炎の場合はこの赤く炎症を起こすような湿疹がずっと続き、さらにそこが痒くなったり、ほかにも頭皮が痒くてかきむしってしまうことが多々あります。

引っ掻いた部分のキズからまた皮脂が多く出てその皮脂が酸化したり真菌によってさらに症状が悪化します。頭が異常に痒い、という場合は脂漏性皮膚炎の症状である可能性がとても高いです。

脂漏性皮膚炎の痒みの原因はマラセチア菌

頭皮の常在菌である真菌性のマラセチア菌はシャンプーでは殺菌できません。基本的に医師の処方箋による塗り薬などで対応しますが、脂漏性皮膚炎向けに作られた殺菌成分配合のシャンプー、コラージュフルフルネクストシャンプーを使うとシャンプーしながら頭皮を殺菌することができます。

まず脂漏性皮膚炎の症状が出たらマラセチアが大量に増殖しているという証拠ですので、普通のシャンプーではなくコラージュフルフルネクストシャンプーを使わないと改善確率はゼロです。まずは頭皮の殺菌、そして頭皮を安定化させるシャンプーに移行します。

大量のフケが出て、しかも止まらない

異常なまでの大量のフケが出る

フケが出るのは頭皮が乾燥しているからかな、とかシャンプーが合わなかったからかな、などと考えて軽視しがちです。

脂漏性皮膚炎の症状であるフケの出る量は大量で、しかもシャンプーをして乾かしたあとにすぐにフケが出てきます。ポロポロ落ちすぎて方には大量のフケが溜まっているでしょう。特に痒みがない部分にもフケが大量に永遠と出続けます。

頭皮にこびりついたフケがあり、それをはがすと同時に髪の毛も抜けていきます。

市販のシャンプーは頭皮に良くない

無添加シャンプー市販のシャンプーは脱脂力の強い石油系の洗浄成分が配合されています。原価が安くて脱脂力が強いことで洗い上がりがサッパリします。しかし皮脂を取り過ぎてしまうと頭皮がさらに皮脂分泌を促して、脂漏性皮膚炎を助長させます。

基本的には刺激の少ないアミノ酸系シャンプーがお薦めです。価格は高いですが頭皮に与えるダメージは格段に少ないのが特徴です。
⇒育毛促進成分と優しいアミノ酸育毛シャンプー、アロマシャンプーの詳細はこちら

抜け毛、薄毛の症状も

脂漏性皮膚炎のフケによる抜け毛

脂漏性皮膚炎によって炎症を起こしたりフケが出まくることによって毛穴に皮脂汚れが溜まり、そこで酸化してしまうことで髪の毛が正常には育たずに抜けやすくなったり、生えてきたとしても毛根の環境が悪くなっているため成長しにくかったりします。これが脂漏性皮膚炎によって抜け毛が増える原因のひとつです。

また自分で頭皮を引っ掻いてしまうことで自分で髪の毛を抜いている可能性もあります。

マラセチア菌の刺激による抜け毛

マラセチア菌によって頭皮の痒みが引き起こされますが、毛穴で強い刺激を与えるとともに皮脂分泌量もマラセチアによって増大しているとも考えられていて、マラセチア自体を抑えることで抜け毛自体が劇的に改善していくことがあります。

このことからも脂漏性皮膚炎による脱毛症状はマラセチアも大きく関与していることがわかります。

最近抜け毛が多いとか薄くなってきたな、という方で頭皮の痒みが気になる方は脂漏性皮膚炎の可能性が非常に高いので気をつけてください。

脂漏性皮膚炎のフケ、真菌対策シャンプー

日本の脂漏性皮膚炎用シャンプー

脂漏性皮膚炎用シャンプー
日本初!フケ・かゆみを防ぐ抗カビ成分配合のシャンプー&リンス
コラージュフルフルネクスト
 
日本初の殺菌作用のあるシャンプーとして有名で、脂漏性皮膚炎対策用のシャンプーとしては有名。もし痒み、皮脂、抜け毛が気になる場合はコラージュフルフルネクストを使ってみてください。

購入する

アメリカの脂漏性皮膚炎用シャンプー


Dr.ZERO ケトコロストシャンプー

日本のシャンプーでは配合できないケトコナゾールを2%配合したアメリカの脂漏性皮膚炎用シャンプーです。AGAの抜け毛薄毛にも効果があると日本でも評判です。ケトコナゾールは皮膚科で処方される脂漏性皮膚炎用のローションに含まれる成分です。

購入する